ディープラーニング

1/2ページ

YOLOv3 – 自作データセットで学習する方法について

YOLOv3 で独自のデータセットを学習する方法について解説します。本記事では、例として金魚の物体検出を学習します。 人や車など一部の物体は、自分で学習しなくとも配布されている MSCOCO の学習済みデータセットを使用すると検出できます。学習済みデータセットを使って推論する方法は以下の記事を参考にしてください。{url=pytorch-yolov3-how-to-use-pretrained-model}