VSCode – Remote Development をパスワード入力なしで使用する方法

VSCode – Remote Development をパスワード入力なしで使用する方法

概要

リモートマシン上で開発が行える VS Code の拡張「Remote Development」で SSH 接続した際に、頻繁に出るパスワード認証を出ないようにする方法について解説します。

Advertisement

手順

1. 公開鍵及び秘密鍵をログイン元の PC で作成する。

「Power Shell」を起動し、「ssh-keygen」を実行します。 いくつか聞かれますが、すべてデフォルトで大丈夫です。

> ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (C:\Users\hoge/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in C:\Users\hoge/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in C:\Users\hoge/.ssh/id_rsa.pub.

完了すると、%HOMEPATH%\.ssh 以下に秘密鍵 id_rsa と公開鍵 id_rsa.pub が作成されます。

2. 公開鍵をリモートマシンに登録する。

リモートマシンにログインし、パーミッション700で ~/.ssh を作成します。

mkdir ~/.ssh
chmod 700 ~/.ssh

~/.ssh 以下に作成した公開鍵 id_rsa.pub を配置します。(SCP コマンドなどで転送してください。) 配置できたら、それを authorized_keys に登録します。

cd ~/.ssh
cat id_rsa.pub >> authorized_keys
chmod 600 authorized_keys

3. SSH サーバーで公開鍵認証を許可する

/etc/ssh/sshd_config を編集し、公開鍵認証を許可するように変更します。変更後、SSH サーバーを再起動します。

sudo sed -i -e "s/#PubkeyAuthentication/PubkeyAuthentication/g" /etc/ssh/sshd_config
sudo service ssh restart

上記の手順で設定は完了です。次回 SSH サーバーに接続した際にパスワードを聞かれなかった場合は上手く設定できています。